京都デニムのジッパー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 京都デニムのジッパー
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

特別コラム 第四回 京都デニムのジッパー

京都デニムのファスナーの秘密をご存知ですか?

京都デニムの2色ジッパー

開くと現れるのは赤と黒の二色使い。
お買い上げ頂き、着用の際ジッパーに手をかけて「おっ?」と思って下さったかたも
いらっしゃるかもしれません。
実はこのジッパー部分は染色の際、色によって布の縮み具合が異なり、
ツートーンでしっかり閉まるジッパーを作るのはとても難しいのです。

普通にしていたら見えない部分にこんなデザインが施されているのは、「裏勝り」にも通じる洒落っ気を感じます。
奥ゆかしさを美徳とする日本ならではの感性なのかもしれませんね。

ボタンとジッパー

--今週のうんちく用語辞典--
ジップフライ 【じっぷふらい】
フライとは、ジーンズをはじめとしたスラックス類のフロントのジッパーやボタンを隠す部分のこと。したがってジッパーフライはジッパー仕様のジーンズのフロント部分を指すが、ジーンズ用語としてはジッパー仕様のジーンズの総称として使われることが多い。
ジッパーを初めてジーンズのフロント部に付けたのはLeeで、それ以前のジーンズは防縮加工に対応しておらず、ジッパーを使うことができなかった。
※ちなみに、ファスナー、ジッパー、チャックと3つの呼び方がありますが、
1891年に米国ホイットコム・ジャドソン氏が、靴ヒモを結ぶ不便さを解決しようと考えたものがファスナーの起源。
1921年に米国のメーカーが、閉める時の「シューッ」という擬音の「Zip」からファスナーを「ジッパー」と命名し、その呼び名も浸透しました。
日本では、1927年に尾道で「巾着(きんちゃく)」からもじって、ファスナーを「チャック印」として販売したところ評判になり、「チャック」という名前が定着しました。つまり、この3つは同じものなのです。
(出典:YKK/ https://www.ykk.co.jp/japanese/ykk/mame/fas_01.html

裏勝り 【うらまさり】
階級制度が厳しかった江戸、庶民の贅沢が禁止されていた時代に花開いた粋の文化。
服装も素材や色に厳しい制限があったため、人目につかない裏地に工夫をこらし、おしゃれを楽しんだのが始まりとされる。

余談ですが、レディース商品に多いロールアップも「裏勝り」ですね。
目立つところのおしゃれは苦手、でもさり気なくなにかで装いたいというかた、
ひと味違ったファッションを楽しみたいというかたは是非こちらもご覧ください。

ロールアップ

【ちょっと気になる情報】
■6月の旬の野菜〜とうもろこし〜
手作り♪コーンポタージュ レシピ
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1570000761/

 流行色

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 流行色
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

こんにちは、
気がつけば5月も終わり、何だか梅雨らしい気候になってきました。

今回は歌舞伎役者から生まれた「流行色」について

河上繁樹さん著「江戸のダンディズム 男の美学」では
歌舞伎役者から生まれた流行色がいくつも紹介されています。

中田主税撰の随筆「雑交苦口記」には
流行色の一つである“路考茶”に関する記述があります。

「今は武士が町人、役者の真似をするぞかし。近年、路考茶という色流行て、野も山も歴々の奥方までが路考茶はやる。是は路考という女方の役者、瀬川菊之丞と云あり。此もの俳名なり。」

路考茶は瀬川菊之丞が「八百屋お七」の下女お杉を演じたときに身に付けた色だそうで、ここで書かれている通り江戸中で大流行したそうです。

最近は1つの色が大流行することってなかなか少ない気がします。
毎年The Color of the Yearを発表しているパントン社によると
2014年の流行は“Radiant Orchid”色なのだとか。
https://www.pantone.com/pages/index.aspx?pg=21129
どんな色なのか興味のある方はぜひ調べてみてください。

流行色

 こだわりのボタン、リベット

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - こだわりのボタン、リベット
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

桜×ボタン×リベット
「京都」「デニム」のおまじない

特別コラム第三回目 こだわりのボタン、リベット

京都デニムのボタンのデザインをご存知でしょうか?

ボタン

全てのジーンズに共通して、桜があしらわれたデザインになっています。
今回はこのボタンとリベットについて、京都デニムのこだわりをご紹介したいと思います。

まずは耳慣れないかたもいらっしゃるかもしれません、リベットという単語。
こちらをジーンズ用語で検索すると
【ポケットの端など力のかかる部分を補強するために打ち込まれた鋲、ジーンズ誕生の要】
と出ます。
ジーンズ誕生の要、とは、物理的に強度が必要な部分の固定に使用するという意味のほか、
リベット補強をしたパンツを特許申請したものが現在あるジーンズの原型であることに由来します。
このリベットの正しい位置をご存知ですか?

リベット

実は一般にリベットと呼ばれる表に見える部分はリベットを留めるための「バー」と呼ばれる部品なんです。

リベット

リベットはジーンズを裏返したときにしか見えません。(出典:YKK)
裏地側のこれがリベットということですね。

リベット 裏

なので、厳密に言えば今回の特集は「ボタンとバーのこだわりの話」になりますが、
ややこしいのでこのままリベット呼びでお伝えしようと思います。

【リベット】
対象物の穴に通した後、反対側を同様の形状につぶすことで固定する。
同じ固定金具のボルトやナット、ねじとは異なり、容易に取り外しができず、半永久的な締結用途に用いられる。

さて、このリベット(バー)もボタンと同じ桜モチーフですね。
桜は日本ではとても馴染み深い植物です。
春になれば桜前線を気にして花見をし、桜のうたを歌い、校章や制服にモチーフとして使われることも多い桜、
この人生を通して日本人の身近に寄り添う花をジーンズの要に打ち込み締めることで、
物作りに関わった人々の想いや伝統工芸の歴史性を表すと同時に、
「長く穿く」ことへの願をかけ、験を担いでいるのです。
昔からの風習を大事にしている京都らしいおまじないですね。

(京都デニムではリベット、ボタンの素材に【洋白銅】を採用しています。
この洋白銅は五百円硬貨などに使用され、従来ジーンズのリベットに使われる銅より錆びが浮きにくく、
よく穿いて洗濯するのに最適です。
おまじないに加え、しっかりと素材の工夫も忘れない製品づくりをしています。)
日本らしい情緒的な思い入れと、確かな素材選びで作られた京都デニムは純国産。
気に入って下さった方に少しでも長く着て楽しんでいただければうれしいです。

【ちょっと気になる情報】
大型モニターでスポーツ観戦が楽しめます。
みんなでその瞬間を楽しみましょう。
Cafe & Bar 8Garden

京都府京都市中京区河原町三条下ル大黒町58
ミーナ京都8F
http://www.8garden.com/howto.html

 京都デニムのお店で撮っちゃおう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 京都デニムのお店で撮っちゃおう!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

京都デニムのお店で気に入ったアイテムを撮っちゃおう!

京都デニムにお越し頂いた際に、気に入ったアイテムがございましたら、店内で撮影をしていただけます!
かわいいでにぐまや、気に入って柄のジーンズ。今後の参考にしてくださいね。
以前、京都デニムでご購入頂いた商品の写真や、店内で撮って頂いた写真をFacebook、Twitter、ご自身のブログなどでぜひご紹介下さい。

店内で撮影できます

【ちょっと気になる情報】
◇関西3号店目 ハワイアンカジュアルレストランオープン!!◇
■Eggs ‘n Things 京都四条店

住所 
〒600-8091 京都府京都市下京区東洞院通四条下る元悪王子町47-4
店舗規模 
63席(店内 60席、テラス3席)
営業時間 
9:00~22:00(21:00 L.O.)
http://www.eggsnthingsjapan.com/

http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/event_9433.html

 京都デニムの生地の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 京都デニムの生地の話
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

今回は京都デニムのジーンズに使われているデニム生地について、少し詳しくご紹介したいと思います。
色落ちの話なども絡めてお伝えしますので、どうかお付き合いください。

染め デニム

【平織りデニム】

  • に使用
  • 11.5oz
  • 経(たて)糸と緯(よこ)糸を交互に浮き沈みさせて織る、最も原始的な織り方。
  • 綿100%

平織りデニム

【セルビッチデニム>】

  • に使用
  • 12oz
  • 旧式(50年以上前)のシャトル織機で織り上げたものを指す
  • 裏返したときの耳と生地の厚みが特徴
  • 綿100%

セルビッチデニム

【マダガスカルコットン デニム】

  • 大鎧に使用
  • 世界屈指の長繊維。細くしなやかで、絹のような繊細な色柄の表現が可能。
  • ヨーロッパ以外の国への輸出は少なく、日本では非常に希少。
  • 穿き込むと色が縦に落ち、独特の縦節が現れる。
  • 綿100%

マダガスカルコットン

【マダガスカルスコットン デニム(ストレッチ)】

マダガスカルスコットン デニム

【ハイパーストレッチデニム】

  • 織鶴に使用
  • 10.5oz
  • 伸縮性に優れ、タテ・ヨコにストレッチが利くので動きやすい
  • 綿100%

ハイパーストレッチデニム

【ちょっと気になる情報】
◇観光名所が蛍の名所に◇
■哲学の道
住所:京都市左京区浄土寺石橋町(銀閣寺橋〜若王子神社までの疎水沿い)
アクセス:京都駅より市バス17系統他「銀閣寺道」下車 徒歩5分
見ごろ:6月上旬

http://kyoto.gp1st.com/350/ent156.html

Page 22 of 148« First...10...2021222324...304050...Last »
download twilight new moon movie
Copyright(C) 2007-2014 kyotodenim. All rights reserved.