Denim on Denim

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Denim on Denim
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

こんにちは、今回も海外の記事をご紹介したいと思います

Denim on Denim

デニムトップスにデニムボトムを重ねるコーディネートというのは、近年なかなか目にすることが無かった気がします。ジーンズにGジャンというと、つい1990年代前半のファッションを思い浮かべてしまいます。

しかし記事によるとデニムオンデニムが再び人気になりつつあるとか。以下の記事ではその攻略法が紹介されています。

「デニムオンデニムを攻略する」
(How To Pull Off The Denim On Denim Trend)

http://www.forbes.com/sites/celiashatzman/2014/06/30/how-to-pull-off-the-denim-on-denim-trend/

全く同じ素材や色を合わせることが何よりもタブーであることや、最も重要なことは ”バランス” であることが指摘されていてなかなか参考になります。例えばダークなスキニージーンズに薄い色のデニムシャツを合わせる、など。

記事には写真も載っていますので、デニムオンデニムに挑戦したい方はぜひ参考にしてみて下さい。

 「半可通」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「半可通」
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

みなさんは「半可通」という言葉をご存知でしょうか?

河上繁樹さんの「江戸のダンディズム 男の美学」によると、「半可通」とは自分が通のようなフリをしている人のこと。明和頃には彼らを馬鹿にした洒落本が人気を集めていたのだとか。

半可通

「遊子方言」の中にも、そういった描写があります。

「細身のわきざし柄まへ少しよごれ。黒羽二重の紋際もちとよごれし小袖、あゐ着は小紋無垢の。片袖ちがひのやうに見へ。いろのさめた非縮緬のじゆばん。」

新品を嫌がる「通」を気取っているが単に着古して汚れた小袖を着ているだけ、お洒落なはずの緋縮緬の襦袢も色が褪せてみすぼらしくみえる、など鋭い指摘がされています。「通」になるのも簡単ではないようですね。

ちなみにこの「遊子方言」も国会図書館デジタルコレクションで閲覧できます。
なかなか読むのは難しいですが、興味のある方はぜひ。
( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2534130 )

 「ジーンズと歴史」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「ジーンズと歴史」
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

今回はジーンズに関する面白い動画を紹介します。
http://www.cbsnews.com/news/the-history-woven-into-denim-jeans/
*スマートフォン、ケータイからは動画がうまく再生できない場合があります。

ジーンズに織り込まれた歴史

「The history woven into denim jeans(ジーンズに織り込まれた歴史)」
と題されたこの動画では、ジーンズとその歴史を愛する様々な人が紹介されています。

最初に登場するのは、鉱山で昔のジーンズを発掘している男性です。彼は自分のことをデニムの探偵のようなものだと言います。皺や汚れ、傷でいっぱいのジーンズの中には、1000万円ほどの値段がつくこともあるのだとか。彼はリベットからジーンズが製作された年代などを割り出していました。

その次に、履きつぶすほど美しくなるジーンズを追求する男性がジーンズへの愛を語っています。彼はあえて昔ながらの製法でジーンズを製作しており、1つのジーンズに14個もの異なる機械を使用しているのだそうです。ボタンの色においても、履きつぶした時にどんな色になるのかを想定して選ぶと言います。

最後にリーバイスの歴史家であるリン・ダウニーさんは
「ジーンズを履くことは自分自身の歴史に毎日触れていること」だと述べています。
なかなか深い言葉ですよね。

動画はすべて英語ですが、映像だけでも十分楽しめるものなので興味のある方はぜひ観てみて下さい。

 6/29(日)10:55 -『クチコミ新発見!旅ぷら』にご紹介いただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 6/29(日)10:55 -『クチコミ新発見!旅ぷら』にご紹介いただきます。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

6/29(日)10:55 -『クチコミ新発見!旅ぷら』に京都デニムをご紹介いただきます。
2014年6月29日(日)放送 第113回 京都(島原周辺)
旅人は、岡崎朋美さん と 奥野史子さん!


6/29(日)10:55 -『クチコミ新発見!旅ぷら』に京都デニムをご紹介いただきます。

読売テレビ(ytv) 日本テレビ系列
6月29日(日) 10:55 – 11:25『クチコミ新発見!旅ぷら』

新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
富山県 北日本放送(KNB)
広島県 広島テレビ(HTV)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
山口県 山口放送(KRY) 日曜 13:00 – 13:30 125分遅れ
愛媛県 南海放送(RNB) 水曜 10:25 – 10:55 10日遅れ
宮城県 ミヤギテレビ(MMT) 金曜 10:25 – 10:55 26日遅れ
仲のいい2人が地元のクチコミ情報を頼りに、ぷらぷらと自由に繰り広げる気まま旅。
第113回目の旅の舞台は、日本が誇る歴史の街、古都「京都」。
昨年、スピードスケートを引退された岡崎朋美さんと、
元シンクロ選手の奥野史子さんが、京都の知られざるクチコミに大興奮!
オリンピック銅メダリストの2人による、ちょっと贅沢な京都旅! お楽しみに~!

 「当世風俗通」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「当世風俗通」
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

こんにちは、
皆さんは『当世風俗通』をご存知でしょうか?
これは男性の風俗が事細かに記された洒落本で、安永二年に出版されました。

当世風俗通

男性のファッションや持ち物が「極上之息子風」、「変化之風」、「上之息子風」、「中之息子風」、「下之息子風」などに分類されており、それぞれの特徴が挿絵とともに説明されています。

例えば「上之息子風」には

“ すべて上下着用のときは上品なるをむねとすれば、古風をもっぱらとすべし。
しかし古風すぎればまた野暮なり。よって古風ご当風をしんしゃくして姿をなすべし ”

とあります。上品かつ古風すぎても野暮だからご当風(流行)を意識する必要もある、といったことは今でもよく言われることですよね。

ちなみにこの「当世風俗通」は国会図書館デジタルコレクション(http://dl.ndl.go.jp/)で閲覧することが出来ます。興味のある方はぜひ見てみてくださいね。

Page 20 of 148« First...10...1819202122...304050...Last »
download twilight new moon movie
Copyright(C) 2007-2014 kyotodenim. All rights reserved.