型紙

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 型紙
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

こんにちは、
12月になり、急に寒くなってきましたね。
今回は着物の型紙についての記事をご紹介します。何と着物に柄をつけるときに使われる型紙が、ドイツ東部の美術館で大量に発見されたそうです。

NHK NEWS|ドイツ 着物染める大量の型紙発見
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141130/k10013597131000.html

型紙

1 万6000点もの型紙は125年前にベルリンの美術商から購入したものだったそうです。
29日からそのコレクションの一部を紹介する展示会が開催されており、
多くの人がその繊細な美しさに魅了されたとのことです。
海外からこういったニュースが聞こえてくると何だか嬉しくなりますよね。
型紙は来年2月22日まで一般公開されるそうなので、
多くの人がこれを機に着物に興味をもってくれるといいなと思います。

 紅葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 紅葉
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

こんにちは
三連休に永観堂まで紅葉を観にいってきました。

th_紅葉1

毎年のことながら人の多さには驚きです。
ただ、こんなに沢山の人が紅葉を美しいと感じていると思うと、
何だかほっこりしてしまいますね。
紅葉2

ぜひみなさんも散ってしまう前に紅葉を楽しむ機会をつくってみてはいかがでしょうか。

 ベストジーニスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ベストジーニスト
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

突然ですがみなさん今年のベストジーニストはご存知でしょうか?
何とトヨタ自動車の「COROLLA HYBRID JEANS」
自動車が受賞するのは当然ながら史上初だそうです

http://news.livedoor.com/article/detail/9371190/

ステッチやリベットなど、細かい部分にもこだわっているのだとか。

ベストジーニスト

デニムにはまだまだ色んな可能性があると思うと嬉しくなります。
今後はもっと意外なところでデニムを目にする機会が増えるのかもしれませんね。

ぜひ今年のベストジーニストの画像もチェックしてみてください!

 重ね色目

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 重ね色目
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

どんどん気温も低くなり、重ね着の季節になりました。

重ね着において重要かつ難しいのが配色です。

重ね色目

平安貴族も重ね着には並々ならぬこだわりがあったようです。
増田美子さんの日本服飾史では、表裏や重ね袿の配色など
重ね色目について書かれています。

重ね色目は、季節感を何より重んじる平安の人々の間で生まれました。

たとえば冬の色目「雪の下」だと白の表に裏は紅、

重ね袿には白、白、濃紅梅から薄紅梅の順に3枚とのこと。

清少納言も、興ざめなものに「三、四月の紅梅の衣」を挙げているように

当時の人々は、季節に対する鋭い美的感覚が大切にしていたようですね。

重ね色目一覧には今でも参考になりそうな配色たくさんありました。

興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。

 衣装競べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 衣装競べ
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

増田美子さんの「日本服飾史」に「衣装競べ」という逸話に関して書かれていました。
とても面白い内容なので紹介したいと思います。

衣装競べ

これは江戸時代に書かれた「武家燭談」からの逸話で、
2人の豪商の女房が衣装を競い合ったという内容です。

片方の女房が黒羽二重地に南天の木を染めであらわした小袖を、
もう一方は、緋綸子地に洛中の図を刺繍した羽織を身にまとっていました。
はじめは後者の女房のほうが勝つであろうと思われていましたが、
結果、小袖を身につけていた前者の女房が勝ちました。
前者の女房の南天の実にはとても貴重な珊瑚が縫い付けられていたからです。

一見わからない部分にも高級な装飾を、
という当時の人々の価値観が垣間みえて興味深いですね。

すっかり寒くなってきましたが、風邪を引かないように気をつけて
冬のお洒落を思う存分楽しみましょう。

Page 10 of 90« First...89101112...203040...Last »
download twilight new moon movie
Copyright(C) 2007-2014 kyotodenim. All rights reserved.