このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 衣装競べ
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

増田美子さんの「日本服飾史」に「衣装競べ」という逸話に関して書かれていました。
とても面白い内容なので紹介したいと思います。

衣装競べ

これは江戸時代に書かれた「武家燭談」からの逸話で、
2人の豪商の女房が衣装を競い合ったという内容です。

片方の女房が黒羽二重地に南天の木を染めであらわした小袖を、
もう一方は、緋綸子地に洛中の図を刺繍した羽織を身にまとっていました。
はじめは後者の女房のほうが勝つであろうと思われていましたが、
結果、小袖を身につけていた前者の女房が勝ちました。
前者の女房の南天の実にはとても貴重な珊瑚が縫い付けられていたからです。

一見わからない部分にも高級な装飾を、
という当時の人々の価値観が垣間みえて興味深いですね。

すっかり寒くなってきましたが、風邪を引かないように気をつけて
冬のお洒落を思う存分楽しみましょう。