このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「使いまわすこと」
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

みなさん破れてしまった服ってどうしていますか?
思いきって買い替える人、修理する人などさまざまだと思います。
今回は江戸時代のひとびとのリフォーム術について。

使いまわすこと

丸山伸彦さんの「江戸のきものと衣生活」によると、
ひとびとは布を長持ちさせるために藍で染めたり、擦れやすい個所に刺子を施していたそうです。
もちろん破れてしまっても当て布をして補強したり、他のものにリメイクしたりしていました。
驚いたことに燃やした灰を洗剤として利用することもあったのだそうです。

衣替えをしていると傷んでしまった服に出会うこともあると思いますが、
捨てる前にぜひ一息ついて、ほかに利用できないかを考えてみてくださいね。