このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 衣替え
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

すっかり涼しくなり、そろそろ衣替えの季節になりました。今回は江戸の衣替えに関して、丸山伸彦さんの「江戸のきものと衣生活」を参考にしながらご紹介したいと思います。

衣替え

江戸時代は年に4回ほど衣替えをしていました。旧暦の4月1日から5月4日までは袷、5月5日から8月31日までは帷子や単衣、9月1日から9月8日までは袷、9月9日から3月31日までは綿入れ、というふうに区切られていたのだそうです。貧乏な人びとの中には季節外れの着物を質屋に預けておき、衣替えの時期に取りにいく人もいたのだとか。

後に、裕福な人々のあいだでもおしゃれを楽しむ一つの方法として衣替えが広まっていったのだそうです。気温の差が激しい時期はなかなかおしゃれが難しいですが、衣替えを進めつつ秋のおしゃれを楽しみたいところです。