このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 京都の6月は
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

京都デニムプレスルームの宮本です。
6月に入りまして、少し肌寒い日や、半袖でも汗ばむ日がいろいろありますね☆
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

6月といえば、『水無月(みなづき)』!ということで、今日は京都の水無月話です。
—–

外郎(ういろう)に小豆をのせた、お菓子が『水無月』です!

小豆は、魔よけの力を持つ邪気を払うものとしてのせ、魔よけや厄除けの意味が込められているのだそうです。

じつは、三角の連続模様は『うろこ文様』といって、着物や帯などにも、同様の意味で使われます。

6月30日には、「夏越しの払え(なつごしのはらえ)」という行事が京都の各箇所で行われます。

古来より、その6月30日に水無月は食べられてきました。

今では、6月30日だけでなく、6月に入るといろいろな和菓子屋さんで、この『水無月』が売られるようになりますので、いろいろな水無月も食べて見たいと思います。

ちなみに、これは京都の独自の習慣で、他の地方にはないようです。