このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 京都駅ビル展示作品進行中!京都デニムの日本画パネル☆
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

こんばんは、京都デニムの宮本和友です。本日は、葵祭でしたね☆ご覧になった方いらっしゃいますか?
本日は京都デニムにも『葵祭』帰りのお客様がたくさん見えました。僕も一度見に行ってみたいものです。
さて、本日のブログは5月29日より京都駅に展示する作品の制作工程をリポートします。

京都デニムに使われる、着物の染色技術を使い、安土桃山時代の襖絵をデニムで復元しています。この
プロジェクトがスタートして、はや1年間。最終工程に入ってまいりました。

様々な色を使い分けて、染色を施していきます。すべてが手仕事ですので、手間暇はかかりますが、素
晴らしい作品になりそうです。
桜花雉子図(重文) 襖二十面の内
狩野貞信筆 紙本金地著色
桃山時代 慶長19年に完成した名古屋城の襖絵の一つだそうです。☆京都デニム 宮本和友