このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 紅白梅図屏風
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

■ 紅白梅図屏風

18世紀(江戸時代) | 各156.0cm×172.2cm |

2曲1双・紙本金地着色、又は金泥着色

琳派の中でも最も名の知れた絵師のひとり尾形光琳が晩年に手がけた代表作、
国宝『紅白梅図屏風』。
琳派芸術の最高傑作ともされる本屏風に描かれるのは、紅白の梅の花が咲くニ本の梅樹と、画面上部から下部へと末広がりに流れる水流