このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 桜の模様の歴史の一説
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

一説では、サクラは、木花開耶姫(このはなさくやひめ)

の転といわれています。

木花(このはな)ともいう。

また、

たんに「花」とのみいうのはサクラが花中の王であり、

花の代表であるからである。

「青丹よし奈良の都は咲く花のにほふが如くいまさかりなり」

とあるもの、もちろんサクラの花です。

もちろん
平安中期の「古今集」には、
百三十余首も載っていますよ!!!

960年紫宸殿(ししん)の前にサクラ(左近の桜)が植えられたほど
サクラの美しさは年中 人々の心に咲き誇っていたと
言われています。

サクラって 歴史ある花であり

日本人が生まれてきて イメージできない人がいないぐらいの
定着になったんですね!!!!

歴史が積み重なって今の日本人の心をつくっているんだろーなー!!
しみじみ感じる時がある。