このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 粋という枠組みのデニム
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

日本人の根底にある 粋はどこからきたのか
そもそも 粋とは 地味の中に 華やかさを入れることを粋と呼ぶ人が多い。

歴史をひも解くと 粋は江戸時代からです。
「火事と喧嘩は江戸の花」といわれるほど火事の多発した江戸の町では
人々は焼け跡を連想させる

「灰」の字を嫌い、「鼠」を色名にあてた。

当時はまた「四十八茶百鼠」の語にみられるように、
茶と鼠系の色相が発達した時代でもある。
これは元禄以降、庶民の贅沢を戒める奢侈(しゃし)禁止令がたびたび
出されたのが影響している。
この命により

庶民は派手な装飾や色彩の衣服を身につけることができなくなった。

代わりに地味の中にも粋を潜り込ませる独特の
美意識が発達した。
鼠色もわずかな色みの違いでさまざまに呼び分けられ、
青みを帯びていれば藍鼠(あいねず)
赤みを帯びていれば梅鼠(うめねず)と呼ばれていました(今も着物の世界では呼びます(京都の染色の世界でもよくいいます))

というように

地味色の中に 華やかな色を加えたり

華やかな色で地味な色を染めたりするのも粋と呼んでいました

それは 染色の特有の 光のあたり方によって

生地艶の中に かいま見れる 美しい色が 女性の内面的美しさあらわしていたとされています。

京都デニムも その粋と 日本の着物染色の歴史をふまえて

制作されています。