このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【新作紹介】ボーイズストレート『京くみひも』
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

伝統×伝統 ー 京都の職人技術の結集

伝統工芸『京くみひも』を取り入れたボーイズストレート登場


まもなく桜も花ひらく季節が到来する京都。

伝統の息づく都で伝統と伝統の新しい試みが始まりました。

京都デニムから、伝統工芸『京くみひも』を取り入れたボーイズストレート登場です。

ボーイズストレート『京くみひも』 http://kyoto-denim.jp/


【京くみひもとは】

3500種を超えると言われる組み方の中から組み上げて、さまざまな用途で使われる組紐(くみひも)。

紐は本来何かを結んだり、束ねたりつないだりするという生活の必要性から発達し、縄文時代

の土器に残されているその文様から、その時代には既に組紐(くみひも)の原型が考案されて

いたのではと言われています。

京くみひもは、平安時代から千年あまり京の都の王朝文化とともに栄え発展してきました。

平安・鎌倉時代ごろ意匠は優雅典麗なものになり、用途も服飾に付随する緒や冠の緒、巻物や

楽器、調度品などに用いられる各種の紐へと広がって行きました。

鎌倉時代に入り、武具への用途が高まり、実用的な組ひもづくりの技術が発達し、江戸時代に

羽織ひもなどが生産されるようになり庶民に広がりました。